無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

小川名建設(株)のHP 〔準備中〕

  • お問い合わせ
    小さな事から、大きな事まで、お気軽にご相談下さい。 また、困った事をお聞きして、それらをフォローできる手法を熟考し、その方を始め、多くの方々に、フィードバックしていきたいので、住宅、ビル、工場、土木のみならず、様々な事をお教え下さい。 考えた末に、自分では無理だと思った際には、他のブレーンをご紹介致します。
  • 小川名建設株式会社HP(準備中です)
    ただいま、小川名建設株式会社のホームページを作成中です。 正確に言うと、作成協力者と話し合い、もっと見る方に解りやすく、順序立てて、整理をした方が良いと、厳しくも有難い助言を戴きました。 さらに、ビジュアル的に写真が欲しいところなので、それらが多少集まってから、アップし、徐々に拡充していこうと考えております。

« 近所の皆様のご協力があってこそ、スムースに工事が進みます | トップページ | 手際よい、乗り込み作業 »

2017年8月21日 (月)

今日は、造園屋さんをしていました

34b

保土ケ谷区の駐車場工事に、先行して、
今日は造園屋さんとしての作業をしていました。

35b

下方から、枝の根元から、サクサクとノコギリ(手動)で、切り落としていき、
気が付けば、それなりの高さを。
私が、190㎝あるので、写真よりも案外と高い場所に手が届きます。
(こういう時だけ、身長が高いのは便利です。あと、良くも悪くも目立つ点。インターホンを押して、遠近法を利用して、かなり後ずさりして、玄関ドアが開くのを待ちますが、開いた瞬間、お化けに出会ったかのように、驚かれる事がたまにあります)

13

長い年月の間に、目隠し 兼 風除け の樹木は、大きく成長しすぎ、こちら側に飛び越えている状態。

12

駐車場から、道路側を

11

駐車場から、奥の住宅との隣接部。

16

このお隣の方は、以前は、造園他色々とやられていたようで、
『最初に、これを掛けておいた方が良いよ』と、
自然志向の私は、日頃は薬剤を使いませんが、ゲジゲジなどの毛虫を無力化する薬剤を言うことを聞いて、使いました。

確かに、触ってしまったら、皮膚全体がカセてしまうような虫さんが、多くいました。
アシナガバチさんも。

18

駐車場側も、入念に。

20

こちらも。

Dsc09793

気持ちよく 伐っていたら、気が付けば枝葉の山に。

31b

やたらと重装備なのは、先ずはハチさんに刺されにくいように。
昔から、ハチさんを恐れず、剪定作業を進めていくので、蜂の巣の危険を感じたハチさんが、数匹で襲ってきます。
残念ながら、1,2箇所は刺されて、相性が悪いときは、3週間ほどは、腫れが引ききらない時があります。

※刺されたあと、直ぐに、おしっこを患部に塗ると、尿のアンモニアが効く という言い伝えは、噓です!
小学生の頃、刺されて早速、実行しましたが、 患部が唇でしたが、いかりや長介の唇のようになってしまいました。病院で、アンモニア以外の雑菌が入るから、問題外と叱られました。

44

気が付けば、かなりスカスカで風通しが良くなりましたが、かなりのボリュームの生木の山。

47

伐採するのは、案外と早かったですが、
その後の処理の時間の方が長かったです。
駐車場オーナー様、お二人も午後から手伝って下さり、仕事が捗りました。
暑い中、有難うございました。

48

まだ大きくなりきる前の、カマキリちゃん。
奥では、大きなカエルさんも居たそうです。
今、不思議と『虫』を、極度に嫌がる方が多いですが、緑があるから、こうした虫さんも居ます。彼らの中で、食物連鎖が行われ、我々にも恩恵をくれています。
(まあ、虫嫌いな方の気持ちも分からないでも無いので、そういう方の前では黙っていますが)

39

切り口には、これをしておきたい。

22

カルスメイト という塗剤を、切り口に塗っていきます。
最初は、グレー色ですが、時間が経過すると、茶色に変わります。

61

この効能は、
・切り口から、水分が蒸散しすぎて、木が弱ってしまうのを防ぐため。
・切り口から、雨水等が入り、腐る事を防ぐため。
・切り口から、雑菌が入るのを防ぐため。

1ヶ月程前に、夏場の剪定を避けたい(剪定しても、せいぜい1割程度)、柑橘系2本を、3割以上の剪定して、このカルスメイトを処方しました。
今も何の問題も無く、元気に育っています。

53

こうして、すっきりとして、通気性もよくなりました。


55

道路から見ると、一見詰めすぎ(切りすぎ)に見えますが、枝葉が密集しすぎた樹木は、風が抜けず、最終的に所々が枯れてきます。
さらに、表面だけ刈り込むと、かえって、その脇から新芽が、これまで以上に生えてきて、さらに密集してしまう悪循環にもなりかねません。

一本だけ、幹自体が大きくなり、越境してしまった椿があります。
明後日くらいに、伐根(ばっこん)します。
どれだけ、根が張っているか楽しみです。

この記事の閲覧数が多いので、一応書いておきます。
小川名眞さん(通称マコッちゃん)率いる 番場園様とは、同じ旭区下川井発祥の小川名家の親族です。
おかげさまで、可愛がって戴いております。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HPは作成中(少しお待ち下さい)

« 近所の皆様のご協力があってこそ、スムースに工事が進みます | トップページ | 手際よい、乗り込み作業 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事