無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

小川名建設(株)のHP 〔準備中〕

  • お問い合わせ
    小さな事から、大きな事まで、お気軽にご相談下さい。 また、困った事をお聞きして、それらをフォローできる手法を熟考し、その方を始め、多くの方々に、フィードバックしていきたいので、住宅、ビル、工場、土木のみならず、様々な事をお教え下さい。 考えた末に、自分では無理だと思った際には、他のブレーンをご紹介致します。
  • 小川名建設株式会社HP(準備中です)
    ただいま、小川名建設株式会社のホームページを作成中です。 正確に言うと、作成協力者と話し合い、もっと見る方に解りやすく、順序立てて、整理をした方が良いと、厳しくも有難い助言を戴きました。 さらに、ビジュアル的に写真が欲しいところなので、それらが多少集まってから、アップし、徐々に拡充していこうと考えております。

« 当社が今出来る 地域貢献 CSR | トップページ | 不要ガス管、水道管の撤去 »

2017年9月30日 (土)

フローリング(集積材)の限界

フローリング ずっともてば良いのですが・・・ 昨日の旭区の現場にて

Dsc01073

約35年ほど前の、このフローリング、当時のものは表面の単板が今時のものよりも厚めですが、経年経過、床下からの湿気でご覧の通り。

Dsc01074

下の層も、剥離していました。
所詮は、ベニヤ板に、表面材を貼った集積材 故に、いずれこのようになります。
食べ物に例えると、ミルフィーユ。

Dsc01075

木工用ボンドをそれぞれの間に、注入し、

Dsc01079

隠し釘で、留めて、

Dsc01078

隠し釘:、黄、ピンク、青の釘が、隠し釘。打ち込んだ後、頭をはねると、細い芯だけ残るので、目立ちにくくなります。

Dsc01077

良く踏んで、余計なボンドを押し出して、

Dsc01076

拭き取って、固まるのを待つだけです。

ただし、時間の問題で、他の部分も同様に剥離してきます。(これは残念ながら現実)

無垢材が、絶対に良いとは言いませんが、ある程度厚みのある無垢材、反り・ねじれ、キズをも‘味わい’と思える先見の明のある方は、合板フローリングに限界を感じ、満足出来ず、必ずや無垢材(無農薬・無防カビ剤・無防虫剤のもの)を、選定されだすのは、そう遅くないと予測します。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP:https://www.ogawana.jp/

« 当社が今出来る 地域貢献 CSR | トップページ | 不要ガス管、水道管の撤去 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

修繕・リフォーム」カテゴリの記事