無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

小川名建設(株)のHP 〔準備中〕

  • お問い合わせ
    小さな事から、大きな事まで、お気軽にご相談下さい。 また、困った事をお聞きして、それらをフォローできる手法を熟考し、その方を始め、多くの方々に、フィードバックしていきたいので、住宅、ビル、工場、土木のみならず、様々な事をお教え下さい。 考えた末に、自分では無理だと思った際には、他のブレーンをご紹介致します。
  • 小川名建設株式会社HP(準備中です)
    ただいま、小川名建設株式会社のホームページを作成中です。 正確に言うと、作成協力者と話し合い、もっと見る方に解りやすく、順序立てて、整理をした方が良いと、厳しくも有難い助言を戴きました。 さらに、ビジュアル的に写真が欲しいところなので、それらが多少集まってから、アップし、徐々に拡充していこうと考えております。

« ミサワホームさんの先を走れていて、光栄です | トップページ | 内部がカビやすい 掘りごたつの撤去他 »

2017年9月14日 (木)

板金工事、どんどん進みます

Dsc00509

搬入された、ガルバリウム鋼板の一部。

Dsc00508

防水紙の状態から

Dsc00511

こんな感じで

Dsc00521

精鋭の4人掛かりで、着々と進行していきます。

Dsc00522

職人芸が光ります。
ガルバリウム鋼板を、折り紙のように、チョキチョキ切っては折り曲げて、
立体形を、器用に作り上げます。

Dsc00525

手で軽く折り曲げてから、板金ツカミという、板金屋さんが多用するツカミ箸で、しっかり折り曲げ、端部を押さえ込んで、剥がれにくい物に仕上げていきます。

ガルバリウム鋼板(昔はトタン)を、綺麗に仕上げて行く様は、誇るべき伝統技術であると同時に、この作業が出来ない 自称 板金屋さんが、多くなっている現実があります。

Dsc00526

皆のコンビネーションが、またとても良い。
以心伝心 なんでしょうね。 言葉が少なくても、一緒に作業する時は、自然に身体が動いています。

建設業で、本物が身に付いている方が少なくなる中、こういう誇りある仕事を継承してくれる、次世代を担う若手が少ないと言われていますが、
今の若手は、ある意味、厳しい時代に育ち、私達以上に本物を求めていると、私は推測します。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HPは作成中(少しお待ち下さい)

« ミサワホームさんの先を走れていて、光栄です | トップページ | 内部がカビやすい 掘りごたつの撤去他 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

横浜発信」カテゴリの記事

修繕・リフォーム」カテゴリの記事