無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

小川名建設(株)のHP 〔準備中〕

  • お問い合わせ
    小さな事から、大きな事まで、お気軽にご相談下さい。 また、困った事をお聞きして、それらをフォローできる手法を熟考し、その方を始め、多くの方々に、フィードバックしていきたいので、住宅、ビル、工場、土木のみならず、様々な事をお教え下さい。 考えた末に、自分では無理だと思った際には、他のブレーンをご紹介致します。
  • 小川名建設株式会社HP(準備中です)
    ただいま、小川名建設株式会社のホームページを作成中です。 正確に言うと、作成協力者と話し合い、もっと見る方に解りやすく、順序立てて、整理をした方が良いと、厳しくも有難い助言を戴きました。 さらに、ビジュアル的に写真が欲しいところなので、それらが多少集まってから、アップし、徐々に拡充していこうと考えております。

« 板金工事、どんどん進みます | トップページ | 台風18号前に、際して »

2017年9月15日 (金)

内部がカビやすい 掘りごたつの撤去他

14

こちらは、以前に‘掘りごたつ撤去’のご要望があり、
確認したところ、カビだけでなく、シロアリに食べられた痕跡があったので、
他の部分が心配で、床下を一通り確認して、シロアリ被害が他に無い事を確認して、今回の撤去工事(他)となりました。

7

その前に、ホコリ等で汚れないように、養生作業。
(これ、案外と重要です。怠ると、お客様が後で掃除する作業でストレスになります)

9

大切なお仏壇もしっかり養生。
(ご先祖様、少し心眼で、工事を見届けて下さい)

19

撤去した掘りごたつセット。
お客様の産業廃棄物処理が、安くなるように、木材系と、金属系と解体し、コンパクトにまとめました。

24

新築時にご要望があった掘りごたつを、あとで思い出したかのように、土を周囲によけて、掘りごたつが入るように施工されていた為、
土均し作業。

25

大工さんが来るまでの間に、ずれていた束石、床束を、出来る範囲で修正。

30

人気の大工さん、到着

29

プラダンで、施工場所を作り、

32_2

レベル(水平・高さ)の確認作業。
(こういう点に関しては、細かい私の要求で)

36

こちらで用意しておいた、カスガイ を、必要箇所に打ち込んでもらい、

35

束石と束の間には、一通り、クサビを打ち込んでもらいました。

53

私からの要望も含めて、
それからの この大工さんの作業の素早いこと、素早いこと。
(速いだけでなく、寸分違わず、もの凄く精密に納めるので、少々こちらも驚きました。噂以上でした)

55

あっという間に、頑丈な下地完成!

45

手元には、直ぐに手に取れるビス・釘箱。
素早い作業の為に、自作したのでしょうが、自然と角が取れて、補強し直しながら、年季の入ったこの箱は、大工さんの相棒のように見えました。

68

何か、点検等の際に、開けられるように、当然ビス留め。
周囲の荒床とも、段差一つありませんでした。

11

変わって、LDKの ブカブカしたフローリング床(集積材の為、良く通る所から剥離が始まります)の根太補強と、点検口の補強作業のために、
大工さん到着前にしておいた養生と、落下防止の為にカラーコーンを。

59

大工さん乗り込みの事前に、大きな物体(私)が、大工さんが作業しやすいように、養生紙を敷き込み、さらに、袋に重量ブロックを入れ込んで、少しずつ移動。

60

大工さん汚れ防止の為に敷いた養生紙の状況。

今時のベタ基礎ではなく、連続布基礎のため、床下は土です。
(鉄筋コンクリート製のベタ基礎の良い点は、多いのですが、地中から湧き出してくるエネルギーを半減させるとも聞いているので、こうした昔ながらの床下が‘土’というのも、実は大好きです)

62

ここが、お客様に申し訳なくて申し訳なくて仕方無かった場所。

横引きの排水管を支える為に、その際に余っただろう塩ビ管と、木クサビ。

調査時に判明しましたが、5、6年ほど前に、私がかつての会社の営業部長 兼 営業担当として、施工した物件だっただけに、自責の念でいっぱいだったので、

65

重量ブロックで、この横引き管をしっかり支える事が出来て、気持ちが晴れました。
(工事担当の責任は、最終的には営業・経営者の責任だと考えているので)

71

そこの塩ビ管、切り落とした鉄管、ゴミ。
お客様、これまで、誠に申し訳ありませんでした。

他のお客様に対しても、これまで機会がある度に、直して参りましたが、新築も含めて、2,000件弱の物件を担当してきたので、まだまだ安心していられないのが本音です。十字架を背負っている気持ちです。

74

しっかりと、施工して下さった大工さん。

2つの見積り提出・やはり以前の手直し作業・駅前物件の確認等をしてきて、帰ってきた時には、ブカブカしていた床が直っていました。
(ただし今回、補強した所以外が、数年後、追いかけるように、同様の状況になることは、お伝えしております)

さて、明日は、防蟻工事(シロアリ防止)です。
工事現場:旭区鶴ヶ峰・今宿東町・白根近辺

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HPは作成中(少しお待ち下さい)

« 板金工事、どんどん進みます | トップページ | 台風18号前に、際して »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

横浜発信」カテゴリの記事

修繕・リフォーム」カテゴリの記事