無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

小川名建設(株)のHP 〔準備中〕

  • お問い合わせ
    小さな事から、大きな事まで、お気軽にご相談下さい。 また、困った事をお聞きして、それらをフォローできる手法を熟考し、その方を始め、多くの方々に、フィードバックしていきたいので、住宅、ビル、工場、土木のみならず、様々な事をお教え下さい。 考えた末に、自分では無理だと思った際には、他のブレーンをご紹介致します。
  • 小川名建設株式会社HP(準備中です)
    ただいま、小川名建設株式会社のホームページを作成中です。 正確に言うと、作成協力者と話し合い、もっと見る方に解りやすく、順序立てて、整理をした方が良いと、厳しくも有難い助言を戴きました。 さらに、ビジュアル的に写真が欲しいところなので、それらが多少集まってから、アップし、徐々に拡充していこうと考えております。

« 鶴ヶ峰では、初の看板照明ですが・・・ | トップページ | 社内検査・オーナー検査 »

2017年11月28日 (火)

開業4ヶ月後の、当社の状況と、今後の展望

※ 2018年1月30日追記
小川名建設株式会社のホームページは既にOPENしています。


同時に、このブログの続きも、こちら(HP)からご覧下さい。

www.ogawana.jp
です。


創業して1ヶ月弱の8月16日に、
【建設会社は、継続し続ける事が、義務】
と、偉そうに書きましたが(自分への戒めのため)、その後を振り返ります。

Dsc01876

・ずっと、続けなければならない。
⇒今のところ、首を吊らないで生きています。

・営業力はあるが、自分の身の丈以上の事は、しない方が良い。
⇒ご依頼戴いたお客さまへは対応していますが、つい先日まではお客様方のお陰で、95%程度の労力だったので、足を使った営業も、ブログも少々控えめにさせて戴いておりました。今は、70%程度で落ち着きました。

・次世代に、バトンタッチ出来るようにしなければならない。
⇒次男(中3)は、どうも建築に興味があるようで、今日も手伝いに来てくれましたが、高校に入ったらアルバイトをする可能性あり。
長男(大4)は、4月から他へ就職しますが、12月は見習いで、1月から3月まではアルバイトをすると言っている。
従業員の総務部長にも、可哀想な位に厳しく教え込んでいる最中(私の身に万が一の事があった場合、“継続する義務”を放棄したくないので)

・安易に人を増やす前に、地固めをシッカリとして、運営資金にゆとりを作らないといけない。(人件費倒れが危険)
⇒猫の手も借りたい時も多々ありましたが、新たな従業員は入れていません。(今は)

・決して、地雷を踏んではならない。
⇒安全第一で活動しています。
会社としてのKY活動を、常時怠っておりません。

・余程の理由が無い限り、借り入れを起こさず、自己資本のみで運営していく。
⇒今のところ、借り入れは一切無く、自己資本の数字には、皆様のおかげで2ヶ月で戻せました。3ヶ月目で、資本の倍には増えました。今もコツコツと右肩上がりです。

・業者さんを大事にしなければならない。
⇒大事にしています。
当社が信用されているかという問題の時期は既に過ぎ、融通を利かせた方が良い業者さんには、出来高払いを時期を定めず、即入金。
作業の進め方で困っている業者さんには、一緒に手伝っています。

・お客様本位で活動する。
⇒お客様が大好きなので、これはそのつもりです。

・業者さんを虐めずに、逆に信頼関係を深め続ける。
⇒時として、屋根の上で言い合いをした事もありますが、その職人さんに最高の腕を振るってもらいたい為。基本的にイーブンで接し、信頼関係は深まっているかと思います。
(当社忘年会を行いたかったのですが、協力会費を戴かない協力会の会長の、まだ時期尚早だよ の言葉を聞いて今回は無しです。身内で行います)

・基本的に下請けはやらない。 利益が薄いと同時に手形支払いが多い点と、連鎖倒産が怖い。
⇒100%元請け。昔ながらのお付き合いの方だけで無く、紹介のお客様、新規のお客様の比率が、約60%程度。

・余裕がある中で、雇用を考えつつも、少数精鋭であるべき(仕事の受注量は、波があるため)。
⇒来年3月、4月以降は仕事量が倍加する予測なので、数人の強者から逆オファーを戴いている方の、先ずは一人を、当社へお招きする予定です。
よって、一級建築士事務所、総合建設業(大臣許可を視野に)となっていきますが、創業の初心を忘れず、点検・修繕を優先しながら、業務して参ります。

・絶対に仕事を継続し続けなければならない。(廃業しない)
何故ならば、建設の仕事は、大量生産のものを作っているのではなく、10年ではなく、50年、60年、それ以上、継続して使われるものの為。
⇒継続しています。
しかし、ここ4ヶ月の間でも、そろそろ建設景気がはじけそうな気配を感じる私は、攻めと守りのバランスを常に考えています(ビビりなので)。

・営業/CF キャッシュフローを、何が何でも、プラスにしていく。
(経験上、2期続くと倒産等をされている会社が多いため)
⇒今のところ、営業キャッシュフローは想定よりも、かなり高い数字です。つまりプラスです。
しかし、これは1年を経過してみないと実質の数字は出せないし、少しでも気を抜くと、マイナスになりかねないので、謙虚に取り組みます。

New2_1

今後の展望

・世の為に
・旭区を中心に周辺区域への積極的展開
・今年中にHPを本開設。
2017年12月初旬開設しました。
・セレナ、ワゴンRでは、長物を積めない為、来年に軽トラック購入(お安い中古)。更にもう1台、軽トラか軽ワゴン購入予定。
2018年2月11日、軽トラック購入しました。

・有能者(資格だけで無く、本当の実力者)にご入社いただき、専務職についてもらう。ベクトルがある程度一緒で、あとは自由にやって下さる方でしょう。
・協力会の拡充、人財確保等への手伝い。
弊社協力会社◆求人情報ページ展開しました。
・各種勉強会への参加
・共感できる会への協賛(スポンサード)
・売上高1.25億円(8月21日~6月決算月まで)
・当社本社(旭区今宿西町)自体の僅かなメンテナンス。
・当家所有地(旭区都岡町)の更なる有効活用(現倉庫・応接室)

以上、自分で勝手に報告し、自分で納得している記事でした。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP(仮設状態です)
お問い合わせは ⇒ 
https://www.ogawana.jp/

« 鶴ヶ峰では、初の看板照明ですが・・・ | トップページ | 社内検査・オーナー検査 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

横浜発信」カテゴリの記事

修繕・リフォーム」カテゴリの記事

土木工事」カテゴリの記事