無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

小川名建設(株)のHP 〔準備中〕

  • お問い合わせ
    小さな事から、大きな事まで、お気軽にご相談下さい。 また、困った事をお聞きして、それらをフォローできる手法を熟考し、その方を始め、多くの方々に、フィードバックしていきたいので、住宅、ビル、工場、土木のみならず、様々な事をお教え下さい。 考えた末に、自分では無理だと思った際には、他のブレーンをご紹介致します。
  • 小川名建設株式会社HP(準備中です)
    ただいま、小川名建設株式会社のホームページを作成中です。 正確に言うと、作成協力者と話し合い、もっと見る方に解りやすく、順序立てて、整理をした方が良いと、厳しくも有難い助言を戴きました。 さらに、ビジュアル的に写真が欲しいところなので、それらが多少集まってから、アップし、徐々に拡充していこうと考えております。

« 鶴ヶ峰駅駐輪場前で、足場を | トップページ | 給湯器、直ぐに、安く取替えて! »

2017年11月25日 (土)

6時間で、雨水配管工事

Dsc01868

タイルの隣地との境界ライン に沿って、両側からサンダー(ベビーサンダー)で、切り込みを。

Dsc01870

次の作業は、何? 
またしても、両方向から

Dsc01871

ハツリ作業でした。
お隣様が、耳鼻咽喉科の病院で、ハツリ音でご迷惑掛ける時間を、少なくするために、一気に作業。

Dsc01872

砂利混じりで、締め固まった土の部分も、ピックでハツリしていきます。
これだと、配管を新規埋設する部分だけ、素早く掘れるので簡単です。

かつては、ツルハシ、スコップの人力が頼りで、大変でした。
⇒つまり、時間短縮と共に、お安く作業出来ました。

Dsc01874

50年前に建築された際に、土中に浸透する考えを、工務店さんが持っていたらしく、雨水の配管が、ほとんどありませんでした。
現在は、分流式(汚水と雨水)の箇所では、配管を入れて、雨水枡を付けて、側溝等に流すか、トレンチ・浸透枡等で土中に浸透させる手法があります(浸透枡を入れてはいけない地域もあるので、注意が必要・崖崩れを促す恐れのある場所等)

Dsc01879

ご覧の箇所も、写真手前右側も、

Dsc01877

道路脇側溝への接続も、含めて、正味6時間で、作業終了しました。
お求めやすく。

タイル復旧と、その下地捨てコン作業は、この後です。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP(仮設状態です)
お問い合わせは ⇒ 
https://www.ogawana.jp/

« 鶴ヶ峰駅駐輪場前で、足場を | トップページ | 給湯器、直ぐに、安く取替えて! »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

横浜発信」カテゴリの記事

修繕・リフォーム」カテゴリの記事