無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

小川名建設(株)のHP 〔準備中〕

  • お問い合わせ
    小さな事から、大きな事まで、お気軽にご相談下さい。 また、困った事をお聞きして、それらをフォローできる手法を熟考し、その方を始め、多くの方々に、フィードバックしていきたいので、住宅、ビル、工場、土木のみならず、様々な事をお教え下さい。 考えた末に、自分では無理だと思った際には、他のブレーンをご紹介致します。
  • 小川名建設株式会社HP(準備中です)
    ただいま、小川名建設株式会社のホームページを作成中です。 正確に言うと、作成協力者と話し合い、もっと見る方に解りやすく、順序立てて、整理をした方が良いと、厳しくも有難い助言を戴きました。 さらに、ビジュアル的に写真が欲しいところなので、それらが多少集まってから、アップし、徐々に拡充していこうと考えております。

おすすめサイト

2017年12月 1日 (金)

HP、トップページ開幕

※ 2018年1月30日追記
小川名建設株式会社のホームページは既にOPENしています。


同時に、このブログの続きも、こちら(HP)からご覧下さい。

www.ogawana.jp
です。


当社小川名建設株式会社のホームページのトップページが、先ず完成しました。

追って、細部が完成していきます。

Brwa86bada1ecd0_000418


小川名建設株式会社のホームページ

https://www.ogawana.jp/

どうぞ、ご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP(トップページのみ完成しました)
⇒ 
https://www.ogawana.jp/

夢も売っている 花屋さん

Dsc02273

綺麗なイルミネーション。
そう、もうすぐクリスマス。

Dsc02278

シクラメン、ポインセチア、もみの木の様なゴールドクレストと、クリスマス色に染まっています。

Dsc02276

角度によって、また点灯時間を調整しているようです。

Dsc02285

当社では、新たにいただいた、別棟の塗装替え等をさせていただいており、看板を掲げておりますが、さざんかの花が、今を見頃に寒さに耐え忍んでいます。

Dsc02279

このお花屋さんは、商売として花を売られているのではなく、花を通じて、【夢】も一緒に売られているようです。

相鉄鶴ヶ峰駅北口、降りて5秒の場所です。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP(仮設状態です)
お問い合わせは ⇒ 
https://www.ogawana.jp/

2017年10月 4日 (水)

ブロックのコア抜き

Dsc01177

フェンス取り換えのために、ブロック部をコア抜きしています。

Dsc01178

高回転で回転させながら、筒状に削っていきます。
(歯が熱で壊れないように、水を注入しながら)

Dsc01179

振動で、掘れ具合を確認しながら、慎重にハンドルを回して、下方にスライドさせていきます。

Dsc01181

白テープの目印のところまで、掘れたので、

Dsc01183

筒を軽く叩いて、

Dsc01185

ほら、コア抜きしたコンクリートが中から抜け落ちました。
(ブロック内部で折れてしまった為、残置物は手作業でハツッて)

Dsc01197

横鉄筋に、噛んでしまい、機械が抜けなくなってしまったので、
2トン車用のジャッキで、救出作業。
すぐに、外れました。(ジャッキは、こういう時に本当に役に立ちます。車をいじっていたので、よくお世話になっていました)

Dsc01198

縦筋は、そのまま、新規柱を差し込むのに丁度良いので残します。
⦅コア抜きは、RC(鉄筋コンクリート)部ならば、本体をアンカー止め出来るので、写真のように、足で抑える必要がありません》

こうして、6ヵ所のコア抜きが、無事に終了しました。

Dsc01203

こうして、フェンスも取り替わりました。

(横浜市旭区白根地区にて)

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HPは作成中(少しお待ち下さい)
お問い合わせは ⇒ 
https://www.ogawana.jp/

2017年9月24日 (日)

戸袋に雨戸が入らない

戸袋の奥に何かが、詰まっている感じで、雨戸が中に入らないケースが良くあります。

Dsc00985

今回は、予想通り、鳥の巣が奥に出来ていました。

Dsc00989

戸袋の奥側の写真。

Dsc00991

取り除かしていただいた結果、既に鳥さんのヒナは居なかった為、親子を引き離すような事が無くて、一安心でした。

メデタシ、メデタシ

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HPは作成中(少しお待ち下さい)

2017年9月23日 (土)

雨戸が外れそうな場合

Dsc00662

経年変化により、雨戸が外れそうになっていた為、外部から外れ止めをされていました。


0921_114

今回は、雨戸も一緒に取替えましたが、

レール部(一筋・ひとすじ)を、交換するだけで、直ってしまう場合もあります。

(このあと、一筋を塗装すれば、完了です。大工さんは面倒臭がる事が多いですが、当社では喜んで直します)

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HPは作成中(少しお待ち下さい)

2017年9月10日 (日)

特注の車止めで、工事完了

お客様の悩みから生まれた、特注の車止め。
コインパーキング、月極駐車場と、あらゆる場面で使えます。


横浜周辺ならば、材工共の施工をしますし、
遠方ならば寸法を指定していただければ、販売も致します。(コストパフォーマンス的にも、一般の商品・既製品と
比較しても劣りません)

1

来ました!来ました!
綿密に打合せをして加工した物が。


34

これが、その 特注の車止め です。

これまでは、自動車の車輪が運転する方の力量によっては、車止めの間を通り抜けて、後ろのブロック塀にぶつかったり、破損したりの損害がありましたが、
これならば、自動車がすり抜ける事は困難です。

さらに、一般は100㎜の角材ですが、今回は125㎜角の鋼材を使用したので、2トン車程度でも、乗り越える事は難しいと思います。


9_2

アンカーボルトを打ち込んだ後を、掃除していきます。
(アンカー打設方法は、秘密です)


15_2

アンカーボルトと併用して、コンクリートボンドを使用し、頑強に留めていきます。
(今回は、一般に売られている灰色のボンドを使用しましたが、アスファルト面は黒色のものの方が良いと実感しました)


19_2

この長めの寸法の車止め取付けに際しては、計4箇所をアンカー止めし、中央部2本は、上部から特殊工具でナット締めしていきます。

7_2

端部は、スパナで慎重に締め込んでいきます。
ラチェットは作業が楽ですが、微妙なトルクが解らない為、すべて素手で感覚の分かるスパナで。


38

125角の鋼材は、端部が鋭利だと、タイヤの破損、さらには、人がそこで怪我をされたら危険なので、アールを付けて加工。

当然、溶融亜鉛メッキ処理による どぶ漬けメッキ品。

40

また、駐車場自体の傾斜に合わせて、数パターンの長さの部材を作成。
つまり、その駐車場に合った施工が可能なようにしてあります。

こうして、一通りの作業を終え、あとはオーナー検査を受けるだけです。

同業者様、駐車場保有者様で、ご興味があれば、ご連絡下さい。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HPは作成中(少しお待ち下さい)

2017年9月 1日 (金)

3DマイホームデザイナーPRO9、使えますね

3d_pro9_1

3Dマイホームデザイナー(メガソフト株式会社)のソフトを、新築・リフォームなどに使い始めてから、15年ほど(私の記憶はいい加減)使い続けて、幾つかのバージョンを経験していますが、

3d_pro9_2

これは、いい!

3d_pro9_3

間取り作成も、より細かい設定が出来るようになり、
これまでは、『何で、このピッチでしか作図出来ないんだよ!』と、パソコンの画面に、無い物ねだりをしているケースが多かったのですが、だいぶ改善されている。

3d_pro9_4

立体化したあとの調整、部材も増えた。
屋根機能が細かくなり、昨日提出差し上げた立体パースは陸屋根(りくやね・ろくやね)でしたが、微調整が出来て、思わず笑ってしまいました。

3d_pro9_5

また、チェック機能が充実し、簡易耐震診断機能も付いていて、これはお客様は当然、こちらも安心です。

前に使っていた、確かPRO8は、重くて、すぐにフリーズし、使い勝手が以前の型よりも悪くなっていて、正直ガッカリしていましたが、
PRO9は、それらが改善されている。

300万円ほどの、より高級な建築ソフトよりも、場合によっては良いのではないかと思えます。

もう少し、出資して 一つ上の PRO9EX ソフトを買えば良かったかも、でも使いこなせるか?と、たまに考えてしまいます。

いずれにしても困るのは、作図していて面白いので、はまっていくと、限りなく時間を費やし兼ねない点です。

次のPRO10は、果たして、どのように進化するのか、正直楽しみです。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HPは作成中(少しお待ち下さい)

2015年11月22日 (日)

【いざ、新潟】 ③

後部座席から、今度の写真撮影は、私の順番。

Dsc01083

これは、新発田城の大手門じゃないのか?
『寄ろう、寄ろう』
誰も、相手してくれず、ドナドナ状態。


Dsc01084

当時としては、戦術的に理にかなった、それでいて美しい機能美。日本の建築をもっと学ばなければ。

Dsc01085_3

白鳥が田んぼに、3羽。 少し前は5羽(その際、写真が間に合わず、今回は逆に叱られました)。
この風景が、当たり前らしいです。


Dsc01081

何気ないそば屋さんで、ご飯を食べましたが、何故かチャーハン(大好きなもので)を食べましたが、ピラフの食器に、チラシ寿司風の飾り付け。味もこちらと違った意味で美味しかったです。
そして、この格天井、立派な和室に驚きました。


Dsc01078

天井高で軽く2700はありそう(こちらの住宅は一般的に2350~2500程度)。すごい。

Dsc01082

こんな所にも居ました。
私の親戚が2人も(正確には2体)。しかも神棚に。神様と同等扱いされていますよ。
お世辞にも顔が綺麗とは言えない、ゴジラ。案外と人気あるんですね。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HPは作成中(少しお待ち下さい)

【いざ、新潟】 ②

新潟の起伏のある山に囲まれて、緑の多い山間部(私的には、このような景色の方が落ち着く)を過ぎて、ビルヂングの立ち並ぶ、都会新潟市を横目に、真っ平らな地域がずっと続きます。

方向感覚が鈍るのと、横浜自体が山坂の多い小さな丘陵地帯の連続なため、春夏は青く、収穫機には黄金色の田んぼの平原は魅力ですが、それにしても平ら。比較的、平野部に住まわれている方には、自転車での移動、半端なく広い広域農道という抜け道、まるで混雑の無い整理された街区が好きな方には、たまらないほど、土地がワンサカあります。これでは、建築にあたっての法規制も厳しくない筈だ。納得です。


Dsc01021

新発田の城下町の雰囲気を残す街並みに。それにしても、ヘタっピな撮影だな。(撮らせておいて、文句をいう輩)

Dsc01022

おお、こちら横浜だと、陣屋と言われるような所にしか存在しない、立派な門構えがたくさん。

Dsc01023

何気なく、ある神社も、神殿の屋根は当たり前のように、千木・鰹木が。雪が降った事を想定させているかのような建て方。こちらの地域でもそうですが、本来はそれにも耐え得て、夏は強い日差しを遮るような深い軒。
神社建築は、偉い。


Dsc01026

新発田城が近づいてくると、『何だか、歴史的遺産級の建物があるぞ。これが戦国自衛隊か?』 
「いや、これは白壁兵舎(しらかべ へいしゃ)と言って、昔ながらの建物。
陸上自衛隊の駐屯地の一部ですよ」
『よし、じゃあこのまま乗り込もう』
「何で?」
『君は、機械マニアじゃないか。兵器という機械がたくさんあるぞ。入隊するんだ。ほら、歯を喰いしばれ』と冗談を言っていますが、自衛隊の方々の事は二人とも、尊敬しています。


Dsc01025

あとで、確認したところ、【白壁兵舎広報史料館】というらしく、一般公開もされている。 明治期のかつて、陸軍の兵舎として建築され、フランス式の建築と和風建築を併せ持った建築様式。壁が日本式の白の漆喰(しっくい)で建築されている点から【白壁兵舎】と呼ばれるようになったらしい。2009年から現在の敷地内の端に移築。完全なる移築ではないが、柱などを再利用し、もとのデザインを損なわない努力をされたらしい。

白壁兵舎、立ち寄りたかったですが、先を急ぐため、残念ながら通過しました。


小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HPは作成中(少しお待ち下さい)

【いざ、新潟】 ①

先ずは、関越自動車道をゆっくり・・と走っていたら、こっちでは見ない建築様式が、たくさんあります。
『早くっ、写真、写真』
「無理だよ~」
『無理じゃない。世界の車窓からでも、ちゃんと素敵な映像を撮ってくれているじゃないか』と、かなり強引にカメラを渡し、助手席から写真を。

Dsc01013

何であんな、屋根の形状だか知っています? 雪が多いからだろ。
『そんな事、言っている間に、写真、写真』
「上手く撮れないよ」と投げやりになっているので、叱咤激励。
『それにしても、下手くそだな』 「もー」(笑)

Dsc01017

『ところでこれは、私の好きな雪国まいたけの工場じゃないか?』・・・あとで調べたら、アグリセンターだとか何だとからしい。
『苗場も過ぎたから、この辺りは、お米の美味しい南魚沼郡じゃないか』正確には、市町村合併で、南魚沼市。

Dsc01019

『何で、あんな形に棟(屋根の頂上部)が、尖がっているんだ? 金持ちがこぞってつけるデザインか』
「何を言ってるんですか。知らないんですか。あれは雪がもの凄い量で降るから、[雪割り]って言われている、屋根形状のことですよ。」
『お前、良く知ってるな。そんなに降るのか?』
「当たり前ですよ。それこそよくテレビで見る、冬場は2階が入口っていうのが、この山間部の方ですよ」
『それは、面白そうな所に住んでるな』
「新潟市や新発田市は、全然違いますからね」
『本当か!何だか、新潟県は地域によって、まるで別の国のようだな。そういえば、前々から、西側は上越、中央は中越、東側は下越(かえつ)とは聞いていたが・・・』 ちなみに、新潟県の面積は神奈川県の約5倍。 人口は約3分の1。
どうも、見えている世界観が違うようだ。Dsc01012

110㎞/hを指しているじゃないか。安全第一が、私のモットーなのに。この辺りの車の流れに合わせていたら、こんなにスピードが出てしまった。私とした事が。

既に17万キロを走っている社用車、トヨタのびっくりヴィッツは偉い。

話がだいぶ反れますが、ヴィッツちゃんとくれば、この【横浜のスーパーカー・下りワインディングロード専用】を出さなければ。

Dsc00985_2
我が家の前で、お客様用お迎え用日産セレナちゃんと、お世話になったスズキワゴンRちゃん(2代目)

Dsc00989_2


我がワゴンRちゃん数日前まで、頑張ってくれた愛馬も17万キロ・16年。お疲れ様です。ポテンシャルを最後まで出しきれて、私の乗りついだ車は、皆幸せ者の筈です。ちなみに、ターボ車やスポーツカーは私には乗せてはいけません。天国で会いましょう。
今度は3代目の型のワゴンRちゃんです。ただいま、鍛練中。
SUZUKIの鈴木会長さん、カプチーノみたいなスポーティー丸出しで無く、一見普通の5枚ドアの4人乗り軽実用車で、FR、6速ミッション(クロス)、縦型レシプロ4発DOHC(OHCでも可・ターボは無し)、VTECみたいな豪華なものは要らない(その代わり、素材カム)、タイミングベルトの代わりにギヤトレイン、ソレタコデュアルのソレデュアル無し・PCU無し、足回り・ブレーキとボディ剛性のしっかりとした、軽量(600㎏~660㎏程度・パワーウェイトレシオはどうせ上げちゃうでしょ)な車(そのためならABSもエアコンすら要らない。その際は三角窓付き。重量配分を考えて、重たいバッテリーとかは後ろへ)を早く出して下さい。ずっと、待っているんです。絶対に売れます。120万円以下なら。
(一応、環境に優しい車)
ジムニーであそこまで遊びながら造って(失礼)、あれだけ大人気なんですから、本物のリニアなライトウェイトを、私たちに見せ付けてやってください。

どうも脱線するな・・・

小川名建設株式会社

横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HPは作成中(少しお待ち下さい)

より以前の記事一覧