無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

小川名建設(株)のHP 〔準備中〕

  • お問い合わせ
    小さな事から、大きな事まで、お気軽にご相談下さい。 また、困った事をお聞きして、それらをフォローできる手法を熟考し、その方を始め、多くの方々に、フィードバックしていきたいので、住宅、ビル、工場、土木のみならず、様々な事をお教え下さい。 考えた末に、自分では無理だと思った際には、他のブレーンをご紹介致します。
  • 小川名建設株式会社HP(準備中です)
    ただいま、小川名建設株式会社のホームページを作成中です。 正確に言うと、作成協力者と話し合い、もっと見る方に解りやすく、順序立てて、整理をした方が良いと、厳しくも有難い助言を戴きました。 さらに、ビジュアル的に写真が欲しいところなので、それらが多少集まってから、アップし、徐々に拡充していこうと考えております。

住まい・インテリア

2017年12月10日 (日)

進化の為の沈黙

小川名建設株式会社のホームページが本日から正式にオープンします。

同時に、このブログの続きも、こちら(HP)からご覧下さい。

www.ogawana.jp
です。

Dscf8445

今のところ、私達一般人類の叡智では、時間軸は一筋の路。

そして、私は“死”へ向かって、まっしぐらに突き進んでいる。

一寸先には、死を迎えているかもしれない。


老眼が進行している。
白髪が日々増えている。
身体も以前より重くなってきている。

安定を望むことは簡単だ。
守るだけも可能だ。
しかし、そこに攻めが無ければ、心身が朽ちていくのみ。

老いて益々盛ん

今出来ること、これから出来ること に、遅いは 言い訳。

常に進化し続けたい。

道半ばで倒れることは ありがたや。

やりきれなかった事、自分達では不可能だった事を、
次世代に託しきりたい。
その為に、背中を見せないといけない。
大きいか、小さいかは分からないけれど。

そんな想いの中で、このブログもこれ以上は、進化させずに固定化させます。

そして、新たなホームページ・ブログでさらに進化加速させていきます。

これまで、ご購読有難うございました。
今後とも、謹んで宜しくお願い致します。

西暦2017年12月10日
小川名 輝明

ブログの続きはこちら(HP)からご覧下さい。 

www.ogawana.jp
です。

2017年11月30日 (木)

破風板、金粉塗料で

Dsc02111

旭区鶴ヶ峰地区のお客様、塗装工事が終了しました。

破風板が豪華に見えませんか?

Dsc02051

30~40年以上前の、立派な注文住宅において、時折、この金粉塗装で帯の付いた破風板を見かけますが、
何百件と塗装替えさせてもらっている中で、もとの劣化した金粉部分を塗りつぶさないで、再現するのは初体験だったので、とても楽しみな作業項目でした。

Dsc01806

塗装屋さんが、調べたところ、これまでのものは、金色調の弱液製の合成塗料だったらしく、本物の金粉が塗装自体に練り込まれたものでは無かったようで、お客様は、これを見てとても喜ばれていました。

今回の塗装屋さんは、私同様に仲の良い人をからかってお互いに楽しむ性格の為、
『小川名社長、これを削って売りに行っちゃダメだよ!18金なんだから』

どこまで本気にして良いのか・・・
ただ間違いなく、近くで塗膜の粒子を見る限り、金粉が入った光り方です。

ほんのちょっとプラスの費用で、出来たのですね。
勉強になりました。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP(仮設状態です)
お問い合わせは ⇒ 
https://www.ogawana.jp/

2017年11月29日 (水)

横浜銀行も、三井住友銀行も、どっちも大丈夫

Dsc02106

本日、三井住友銀行二俣川支店にて、口座開設致しました。


これまで、メインバンクの横浜銀行鶴ヶ峯支店(横浜銀行のエリートコース)のみでしたが、お客様がお振り込みしやすいように。

地方銀行では、日本の中でも圧倒的に大きな 横浜銀行さん。
メガバンクでは、当社近隣で根を張っている 三井住友銀行さん。

ちなみに、新規事業者が口座開設する際には、審査期間を要しますが、横浜銀行さんでは、翌日には審査が通りました。


今後は、お客様の住宅ローン等の借り入れにおいて、それぞれの強い商品をご案内して参ります。

どっちも大丈夫!です。
(吉高由里子さん、分かっていても可愛いですね)


〈これが言いたかった 笑〉 

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP(新設OPEN中:ogawana.co.jp
お問い合わせは ⇒ 
https://www.ogawana.jp/

社内検査・オーナー検査

Dsc02008

足場がある間に、社内検査にて、くまなくチェック。

Dsc02010

手直しの必要性のある点は、マスキングテープを貼り、この後、各業者さんと直し方を検討して、即修正してもらいます。

判断基準は、納まり方、仕上げ方等で、特に雨仕舞い(雨漏りしそうな箇所)に関しては特に厳しく見ていきます。
さらに、主観的な部分ですが、美しいかどうかも重要なポイントです。

(これを全物件で行ってきています。それぞれの考え方がある為〈答えは一つでは無い〉、それぞれにプロ同志として意見を闘わせる事も。お互いに勉強です)

Dsc02006

さらに、オーナー検査をして戴きます。
(お客様が足場に上れる方なら、安全を確保して、一緒に見て回ります)

ご自分の建物を足場の上から、ジックリと見る機会が少ない為、多くのご質問・ご要望と、それらへの回答で、時には4時間掛ける事もあります。
(お客様からのご指摘は、建築的な発想では解らなかった点に、気づかされる事が多々あります)

それらの修正・手直しが、引き渡しへの前段階です。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP(仮設状態です)
お問い合わせは ⇒ 
https://www.ogawana.jp/

2017年11月28日 (火)

開業4ヶ月後の、当社の状況と、今後の展望

※ 2018年1月30日追記
小川名建設株式会社のホームページは既にOPENしています。


同時に、このブログの続きも、こちら(HP)からご覧下さい。

www.ogawana.jp
です。


創業して1ヶ月弱の8月16日に、
【建設会社は、継続し続ける事が、義務】
と、偉そうに書きましたが(自分への戒めのため)、その後を振り返ります。

Dsc01876

・ずっと、続けなければならない。
⇒今のところ、首を吊らないで生きています。

・営業力はあるが、自分の身の丈以上の事は、しない方が良い。
⇒ご依頼戴いたお客さまへは対応していますが、つい先日まではお客様方のお陰で、95%程度の労力だったので、足を使った営業も、ブログも少々控えめにさせて戴いておりました。今は、70%程度で落ち着きました。

・次世代に、バトンタッチ出来るようにしなければならない。
⇒次男(中3)は、どうも建築に興味があるようで、今日も手伝いに来てくれましたが、高校に入ったらアルバイトをする可能性あり。
長男(大4)は、4月から他へ就職しますが、12月は見習いで、1月から3月まではアルバイトをすると言っている。
従業員の総務部長にも、可哀想な位に厳しく教え込んでいる最中(私の身に万が一の事があった場合、“継続する義務”を放棄したくないので)

・安易に人を増やす前に、地固めをシッカリとして、運営資金にゆとりを作らないといけない。(人件費倒れが危険)
⇒猫の手も借りたい時も多々ありましたが、新たな従業員は入れていません。(今は)

・決して、地雷を踏んではならない。
⇒安全第一で活動しています。
会社としてのKY活動を、常時怠っておりません。

・余程の理由が無い限り、借り入れを起こさず、自己資本のみで運営していく。
⇒今のところ、借り入れは一切無く、自己資本の数字には、皆様のおかげで2ヶ月で戻せました。3ヶ月目で、資本の倍には増えました。今もコツコツと右肩上がりです。

・業者さんを大事にしなければならない。
⇒大事にしています。
当社が信用されているかという問題の時期は既に過ぎ、融通を利かせた方が良い業者さんには、出来高払いを時期を定めず、即入金。
作業の進め方で困っている業者さんには、一緒に手伝っています。

・お客様本位で活動する。
⇒お客様が大好きなので、これはそのつもりです。

・業者さんを虐めずに、逆に信頼関係を深め続ける。
⇒時として、屋根の上で言い合いをした事もありますが、その職人さんに最高の腕を振るってもらいたい為。基本的にイーブンで接し、信頼関係は深まっているかと思います。
(当社忘年会を行いたかったのですが、協力会費を戴かない協力会の会長の、まだ時期尚早だよ の言葉を聞いて今回は無しです。身内で行います)

・基本的に下請けはやらない。 利益が薄いと同時に手形支払いが多い点と、連鎖倒産が怖い。
⇒100%元請け。昔ながらのお付き合いの方だけで無く、紹介のお客様、新規のお客様の比率が、約60%程度。

・余裕がある中で、雇用を考えつつも、少数精鋭であるべき(仕事の受注量は、波があるため)。
⇒来年3月、4月以降は仕事量が倍加する予測なので、数人の強者から逆オファーを戴いている方の、先ずは一人を、当社へお招きする予定です。
よって、一級建築士事務所、総合建設業(大臣許可を視野に)となっていきますが、創業の初心を忘れず、点検・修繕を優先しながら、業務して参ります。

・絶対に仕事を継続し続けなければならない。(廃業しない)
何故ならば、建設の仕事は、大量生産のものを作っているのではなく、10年ではなく、50年、60年、それ以上、継続して使われるものの為。
⇒継続しています。
しかし、ここ4ヶ月の間でも、そろそろ建設景気がはじけそうな気配を感じる私は、攻めと守りのバランスを常に考えています(ビビりなので)。

・営業/CF キャッシュフローを、何が何でも、プラスにしていく。
(経験上、2期続くと倒産等をされている会社が多いため)
⇒今のところ、営業キャッシュフローは想定よりも、かなり高い数字です。つまりプラスです。
しかし、これは1年を経過してみないと実質の数字は出せないし、少しでも気を抜くと、マイナスになりかねないので、謙虚に取り組みます。

New2_1

今後の展望

・世の為に
・旭区を中心に周辺区域への積極的展開
・今年中にHPを本開設。
2017年12月初旬開設しました。
・セレナ、ワゴンRでは、長物を積めない為、来年に軽トラック購入(お安い中古)。更にもう1台、軽トラか軽ワゴン購入予定。
2018年2月11日、軽トラック購入しました。

・有能者(資格だけで無く、本当の実力者)にご入社いただき、専務職についてもらう。ベクトルがある程度一緒で、あとは自由にやって下さる方でしょう。
・協力会の拡充、人財確保等への手伝い。
弊社協力会社◆求人情報ページ展開しました。
・各種勉強会への参加
・共感できる会への協賛(スポンサード)
・売上高1.25億円(8月21日~6月決算月まで)
・当社本社(旭区今宿西町)自体の僅かなメンテナンス。
・当家所有地(旭区都岡町)の更なる有効活用(現倉庫・応接室)

以上、自分で勝手に報告し、自分で納得している記事でした。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP(仮設状態です)
お問い合わせは ⇒ 
https://www.ogawana.jp/

鶴ヶ峰では、初の看板照明ですが・・・

鶴ヶ峰駅前の小川生花店様、あらかたの作業を終えて、夜はこんな感じですが、

Dsc02013

正面の顔になる看板は、なるべく低予算になるように心掛けながらも、
鶴ヶ峰駅周辺にある看板の新しいスタイルと、鶴ヶ峰のイメージUPを目指して、

デザイン性はもとより、
照明器具も、岩崎電気の最新のLED照明器具で、照らしてみましたが・・・

えっ、イメージと違う!

電気関係にお詳しい、お客様が考えられる以上に、
設計・施工側の私自身が納得のいかない完成度。

先ず、あまり明るくない(上部看板)
⇒照明自体は小型ながら非常に明るいものながら、角度があり、距離が遠いため、予定された明るさにまるで届かなかった(この2要素で一気に光度が低下するようです)。

照明の存在自体を感じないように設計されている商品ながら、3台の照明の光が、ここに照明器具があります!と、証明してしまうのと、照度分布が・・・(下部看板)
⇒他の照明器具と違い、配列の仕方がどうも重要らしい。

電気屋さんも、初使用の照明器具だっただけに、残念がっていました。

ということで、早速、照明器具を追加発注し、さらに照らし方を少し変えてみます。
12月前半になりますが、上手くいくのが楽しみです。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP(仮設状態です)
お問い合わせは ⇒ 
https://www.ogawana.jp/

2017年11月26日 (日)

給湯器、直ぐに、安く取替えて!

とある会社から、
『小川名君、給湯器壊れたよ。直ぐに、安く、取替えてよ!』

はい、承りました!

Dsc01488

既存給湯器の配管、ガス管、取付け状態を確認して、

『一番安くできる方法はこれで、○○円(税込み)です。壊れにくさの安定性でいけば、ノーリツをお薦めします』

〔もう少し、安くならないかな〕

『社長、これ安いんですけど、気持ち、これだけ勉強します』

〔有難う。じゃあ、直ぐにやって!〕


勝手知ったる長年の付き合いの中で、最低限の施工で安く済む手法(こちらの建物は、金を生み出すものではなく、作業の中で雨風をしのぐ最低限のインフラという位置づけを知り抜いている)を望まれている点と、

こちら様の仕事は、『競り』で商品を購入されているため、更なるお買い得感を速攻で(その場で)、提示しなければならない。を、20回以上繰り返している仲なので、お互いに信頼関係を築いている為、傍から見たら、この納まり(見栄え)でいいの? では無い。

その一方で、お店の顔になる看板等は、約20年前にその当時で、安い割には、見栄えが良く、長持ちするものを選んでいただき、今も目立っています。

出会ったとき、
『小川名君、急に独立する事になって、この中古の建物を購入して、どうにも首が回らないんだよ』

社長、伺う度に、会社が大きくなって、活気も盛んになっていますね。
おめでとうございます。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP(仮設状態です)
お問い合わせは ⇒ 
https://www.ogawana.jp/

2017年11月25日 (土)

6時間で、雨水配管工事

Dsc01868

タイルの隣地との境界ライン に沿って、両側からサンダー(ベビーサンダー)で、切り込みを。

Dsc01870

次の作業は、何? 
またしても、両方向から

Dsc01871

ハツリ作業でした。
お隣様が、耳鼻咽喉科の病院で、ハツリ音でご迷惑掛ける時間を、少なくするために、一気に作業。

Dsc01872

砂利混じりで、締め固まった土の部分も、ピックでハツリしていきます。
これだと、配管を新規埋設する部分だけ、素早く掘れるので簡単です。

かつては、ツルハシ、スコップの人力が頼りで、大変でした。
⇒つまり、時間短縮と共に、お安く作業出来ました。

Dsc01874

50年前に建築された際に、土中に浸透する考えを、工務店さんが持っていたらしく、雨水の配管が、ほとんどありませんでした。
現在は、分流式(汚水と雨水)の箇所では、配管を入れて、雨水枡を付けて、側溝等に流すか、トレンチ・浸透枡等で土中に浸透させる手法があります(浸透枡を入れてはいけない地域もあるので、注意が必要・崖崩れを促す恐れのある場所等)

Dsc01879

ご覧の箇所も、写真手前右側も、

Dsc01877

道路脇側溝への接続も、含めて、正味6時間で、作業終了しました。
お求めやすく。

タイル復旧と、その下地捨てコン作業は、この後です。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP(仮設状態です)
お問い合わせは ⇒ 
https://www.ogawana.jp/

2017年11月21日 (火)

鶴ヶ峰駅駐輪場前で、足場を

Dsc01876

こんな感じで、外壁塗装と、霧除け(庇)の修繕工事の為に。

Dsc01845

反対側にも、ちゃっかり当社の宣伝をしております。

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP(仮設状態です)
お問い合わせは ⇒ 
https://www.ogawana.jp/

2017年11月15日 (水)

旭区今宿地区で、駐車場工事 起編

Dsc01455

旭区の今宿地区にて、このお庭の奥に、車を2台停めたいとのご依頼。

Dsc01456

ちゃっかり、当社看板と、週間工程表。

Dsc01307

明治生まれのお父様が、重たい石と残った瓦で、頑強な塚を作り、ソテツを始め、多くの樹木をここまで育てられました。

1

造園土木屋さんに混じり、私達二人も、石と瓦を一つずつ、移動しながら、塚は年季の入ったKOMATSUのバックホウで、平らにしました。

【今宿地区で、駐車場工事 承編】 へ つづく・・・・

小川名建設株式会社
横浜市旭区今宿西町463-13
045-951-7903
HP(仮設状態です)
お問い合わせは ⇒ 
https://www.ogawana.jp/

より以前の記事一覧